【危険】安い椅子に座ってたら肋骨神経痛になった話

【おすすめ7選】DXRacerのゲーミングチェアの評判やおすすめのゲーミングチェアを紹介

ネコ

この記事では、DXRacerというメーカーのゲーミングチェアについて解説します。また、DXRacerでおすすめのゲーミングチェアを紹介します。

ゲーミングチェアの大手ブランドといえば、AKRacingか、DXRacerの2択です。前回はAKRacingのゲーミングチェアを紹介したので、今回はDXRacerのゲーミングチェアを紹介していきたいと思います。

DXRacerとはどんなブランド?

e-sports(エレクトロニック・スポーツ)と呼ばれる国境を越えたオンラインゲーミングの世界の中で、
高い品質と耐久性を兼ね備えたDXRACERは、ゲーミングチェアの草分け的パイオニアブランドとして、
世界の主要なe-sports競技会において公式ゲーミングチェアサプライヤーとして選ばれてまいりました。
e-スポーツを支えるプロフェッショナルゲーミングチェアブランドとして、
プレーヤーと共に成長してきたマルチナショナルゲーミングブランドです。

引用元:DXRACER-(ブランドについて)

DXRacerは、2001年に設立されたアメリカを拠点とするゲーミングチェアメーカーです。元々はスポーツカー用のシートを開発するブランドでした。スポーツカーのシートを開発するノウハウを活かして近年では人間工学に基づいたゲーミングチェアを生産しています。

近年e-sportsが盛り上がってきました。そのe-sportsの公式のゲーミングチェアに選ばれているのはこのDXRacerです。つまり、プロが使っているゲーミングチェアということです!

今回はそんなDXRacerのゲーミングチェアを7選紹介していきたいと思います。

DXRacerでオススメのゲーミングチェア

早見表
モデル名 特徴 価格
フォーミュラ:DX-11 迷ったらこれ
普通体型の方にぴったり
¥39,800
フォーミュラ:DXR コスパ最強モデル
全体布
¥29,800
フォーミュラ:DXZ カラーバリエーションが豊富
高級PUレザーを採用
¥45,561

ドリフティング 座面の幅、奥行きが広いワイドタイプ ¥50,722
レーシング 背もたれが高い(高身長むけ)
高機能、耐久性バッチリ
¥55,916
ヴァルキリー キングモデルの一回り小さいタイプ
高機能、耐久性バッチリ
¥50,336
キング 大柄な方にぴったり
高機能、耐久性バッチリ
¥60,900

サイズは、以下の図を右に行けば行くほど大きくなってます。

1. フォーミュラ:DX-11

迷ったらこれ!スタンダードモデル

Amazonで見てみる

DXRacerのスタンダードモデルです。普通体型な方で、それほどこだわりがない方なら、こちらのモデル一択です!

製品名 フォーミュラ:DX-11
値段 ¥39,800
重量 22.9kg
カラーバリエーション オレンジ、グリーン、ブラック、ホワイト、ライトブルー、レッド
保証期間 1年間

アームレストは、高さ、前後、左右の首振りが調整可能です。幅の調整はできませんが、一般体型の方だと問題ないかと思います。

リクライニングは、最大135°可能です。ロッキングは最大15°可能です。

リクライニングとロッキング、2つ合わせることで最大150°も倒せるので、仮眠も容易に可能です。

生地は、水分に強い高撥水こうはっすいハイグレードファブリックモデルを使用しています。

そのため、万が一コーヒーやジュースをこぼしてもさっと一拭きで汚れが取れますし、肌触りも良いです。

フォーミュラ:DX-11のまとめ

DXRacerのスタンダードモデルです。一般体型向けに作られているので、よっぽど小柄、大柄でなければ丁度良く快適に座れます。

生地面や機能性など、総合的にみて並レベルです。機能面で、これより高機能なモデルはありますが、アームレストの幅が帰られるようになるくらいでそれほど変わりません。値段的にも一気に跳ね上がってしまうので、こちらのモデルが一番無難でおすすめです。

今回、(DX-11LB)を選ばせて頂きました。購入の決めては、某YouTubeの動画を見て気になり色々調べて最終的にコレに落ち着きました。
椅子の座り心地は少し固めに出来ていて腰付近のクッションが骨盤付近を支えてくれる感じで疲れにくく出来ていると思いました。背もたれの角度は車のシートみたいに細かく調整が出来るのもGoodです。肘掛けの高さと位置が調整出来るのでゲーミングチェアーとしてだけではなくマンガを読んだりするときも肩が疲れにくくとても良いと思いました。
ここまでいい書き込みをしましたが、付属に付いてきた六角レンチが穴に入らなくて使い物にならなかったので自前の物を使用しました。自分は職業的に持っていましたが、普通の一般家庭にあまり無かったりすると思うので念の為ご自身で用意された方がいいかもしれません。ボルトの穴のサイズは座面裏が6mmで座面と背もたれの固定に使うボルトが5mmでした。

引用元:Amazon-(DXRacer (ディーエックスレーサー) 【正規輸入品】)

在宅勤務が増えてきて、自宅の椅子に座っている時間が多くなってきたので、購入を検討しました。
デスクから考えた座面の高さなども考え、試座もして購入したので、購入後に座り心地で戸惑うことはなかったです。

この価格帯だとほとんどが座面が合皮素材。冬場に冷たくなる革の感じが嫌だったので、ファブリック素材なのはありがたいです。
組み立ても1人で30分ほど。苦なくできました。

引用元:Amazon-(DXRacer (ディーエックスレーサー) 【正規輸入品】)

2. フォーミュラ:DXR

DXRacerのコスパ最強モデル!

Amazonで見てみる

DXRacerの最安モデルです。上記のスタンダードモデルとの違いは、生地が撥水するかどうかと、アームレストの左右前後の調整でができるかの違いです。DXRacerが欲しいけどそれほどお金が出せないという方におすすめのモデルです。

製品名 フォーミュラ:DXR
値段 ¥29,800
重量 24kg
カラーバリエーション ブラック、レッド
保証期間 1年間

全体が布地になっています。

通気性と耐久性のある肌触りの良いポリエステル生地を採用しています。

リクライニングは、最大135°可能です。ロッキングは15°可能です。

合わせると、150°傾くので、仮眠を取ることも容易です。

アームレストは、上下のみ調整が可能です。

クッションは、高密度、高反発のウレタンフォームを採用しています。

座面部分の厚さは、10cmほどあるので、ずしっと沈み込むように座り心地が良いです。

フォーミュラ:DXRのまとめ

DXRacerの最安モデルです。DXRacerのゲーミングチェアが欲しいけど、それほどお金をかけられないという方におすすめなモデルです。

上記で紹介した、スタンダードモデルとの違いは、主に値段と生地とアームレストです。
値段は1万円安くなり、生地は高撥水こうはっすいハイグレードファブリックから通常のファブリックになりました。普通の布地ですね。それとアームレストが高さ・前後・左右の首振りができてたのが、高さのみの調整になりました。

なので、アームレストの前後左右の調整と高撥水布地を取るか、1万円を取るか。です。

2年半ほど使用、毎日3時間以上座ってますが座面が硬くなる気配はないです。
リクライニング部分も正常に稼働しますしシリンダーが弱って勝手に下がることもありません。
使用してて気になったことはリクライニングとひじ掛けが連動しないこととフットレストがなかったので買い足したことくらいです。

引用元:Amazon-(DXRacer (ディーエックスレーサー) 【正規輸入品】)

ゲーミングチェアは初めての購入です。
気になったのは、ぱんっぱんなヘッドレストです。やたら首というか頭だけ前のめりの姿勢を強いられます。
こういうものなのかなと思って使っていましたが、さすがに疲れるので外してやろうと思って触ってみたところ
下にジッパーがついてて中の綿を好みの量に減らせるようになっていました。
おそらく適正の量は、首の後ろにヘッドレストがある状態で楽に後頭部が椅子の背もたれに触れるくらいの量だと思います。
日本人は西洋人に比べて後頭部が短いのでデフォルトの量だと辛いと思います。
綿抜きしてからは本当に快適です。

引用元:Amazon-(DXRacer (ディーエックスレーサー) 【正規輸入品】)

3. フォーミュラ:DXZ

カラバリ豊富!

Amazonで見てみる

とてもカラーバリエーションが多いモデルです。一番最初に紹介したスタンダードモデルと比べると、PUレザー部分が、マッド調高級PUレザーにグレードアップしました。そして、アームレストが上下の調整しかできなくなってしまいました。

製品名 フォーミュラ:DXZ
値段 ¥45,561
重量 22.5kg
カラーバリエーション イエロー、オレンジ、カーボンブラック、グリーン、ダークブルー、ピンク、ホワイト、ライトブルー、レッド
保証期間 1年間

アームレストは、上下の調整のみ可能です。

正直、この値段だと、角度と前後の調整が欲しかったところです。

ロッキングは最大15°まで可能です。座面の下のロッキングレバーでロッキングのON/OFFを切り替えられます。

レザーは、PUソフトレザーを採用しています。

高級感のある肌触りの良いレザーです。

リクライニングは最大135°可能です。

ロッキングと合わせると最大150°倒せるので仮眠や昼寝は余裕で可能です。

フォーミュラ:DXZのまとめ

このモデルはとてもカラーバリエーションが多いです。しかし、アームレストが上下の調整しかできません。その点で言うと、約5000円ほど安いフォーミュラのDX-11モデルの方がおすすめです。値段がやや高いのに機能が落ちているので、このモデルはあまりオススメできません。

ただ、他のモデルにはない、イエローやオレンジ、ビンクなどあるので自分の欲しい色がこのモデルにしかない場合は、こちらのモデルを購入するしかないですね。

競合他社のゲーミングチェアを購入したものの初期不良、アマゾン側の迅速な対応で交換…と行きたかったのですが在庫切れだったので返金。返金されたお金でこちらを購入しました。
競合他社のものよりもキャスターの部分の部品が分厚く、頑丈なのはGoodです。あとは肘掛けも明らかにこちらの方が全体の質感が高くてリクライニングもなめらか。このへんは某A社のリクライニングの最大角度とどっちをとるかという感じですね。
自宅で仕事/勉強することが多いので椅子は良いものを買いたいというひとには文句なくオススメ出来る商品です。

引用元:Amazon-(DXRacer (ディーエックスレーサー) 【正規輸入品】)

ずっと安い椅子に座りながらゲームをしていましたが、思い切ってゲーミングチェアを買ってみました。
ピンクのゲーミングチェアの中で一番可愛く、メーカーの評判が良いのでこれにしましたが
腰やお尻が痛くなることもなくとても快適にゲームできています。
組み立ては女性一人で1時間かからないくらいでしょうか。最後のイスと足部分の接合が大変でしたが、椅子を置いて足のほうを持ち上げてやれば問題ないです。
聞いたことのないメーカーの模倣品がたくさんありますが、安物買いの銭失いになるくらいならきちんとしたゲーミングチェアの購入をお勧めします!

引用元:Amazon-(DXRacer (ディーエックスレーサー) 【正規輸入品】)

4. ドリフティング

座面が広いワイドタイプ

Amazonで見てみる

このドリフティングというモデルは、座面がワイドです。幅と奥行きが他のモデルより広くなっています。体が大きい方や、長時間座る方にはおすすめのモデルになっています。

製品名 ドリフティング
値段 ¥50,722
重量 25.48kg
カラーバリエーション ブラック、レッド

このモデルの特徴としては座面が広いことです。体が大きい人や、長時間の作業する方だと、座面の幅や奥行きが広い方が快適です。

背もたれの高さもスタンダードモデルと比べると高くなっています。

推奨身長は155cm〜175cmです。

高機能です。3Dウレタンフォームを使っているので、体の体圧を分散してくれます。

アームレストの調整は上下の調整が可能です。

リクライニングは最大135°可能です。ロッキングと合わせると最大150°倒せます。

ドリフティングのまとめ

このモデルは一言で言うとワイドです。座面の幅と奥行きが他のモデルと比べて広くなっています。そのため、体が大きい方や長時間座る方におすすめです。ゆったりと座れるので、疲れを軽減してくれます。

ただ、アームレストの調整が上下しかできないのでそこは注意して購入しましょう。

PC作業用に購入しました。ホールド感よりも、ゆったりと座れる椅子を探していました。期待通りラフに座れる上、疲れが軽減され助かっています。もう少しアームレストの高さ調整幅が大きいと良かったですが、強度的に難しいのかも。2週間程の利用なので耐久性は分かりませんが、安定感があって使いやすいです。色、質感共に落ち着きがあって気に入ってます。ゲーム用には使って無いので評価無し。もう少し安い椅子でも良かったかもしれませんが、毎日10時間ぐらい使って役に立っているので満足してます。

引用元:Amazon-(DXRacer (ディーエックスレーサー) 【正規輸入品】)

使うまでは半信半疑でしたが、使ってみると快適です。今までの椅子が合わなかったのかもしれませんが、テレワークでPC使っていても背中が痛くなりにくくなった気がします。
使い始めなので耐久性はよくわからないですが、今のところ問題ないのかなと思います。
難点があるとすれば重さです。組み立て自体はシンプルで説明書も分かりやすいので問題ないのですが、いかんせん各パーツの重量があるので女性だと大変かもしれません。(ただ組み立ててしまえば問題ないわけですし、軽い椅子では安定感でないでしょうから、ここは目をつぶるべき部分なのかもとも思います・・・)

引用元:Amazon-(DXRacer (ディーエックスレーサー) 【正規輸入品】)

5. レーシング

一切妥協したくない方におすすめ

Amazonで見てみる

こちらのレーシングというモデルは、全く妥協をしたくない方におすすめのモデルです。DXRacerの中でも最も高機能なモデルです。アームレストは上下、前後、左右、角度の4つの調整が可能です。ここまで調整できるゲーミングチェアは本当に少ないです。

製品名 レーシング
値段 ¥55,916
重量 26.7kg
カラーバリエーション オレンジ、バイオレット、ライトブルー、レッド

このモデルは、スタンダードモデルより背もたれが6cmほど高いです。そのため高身長の方でも快適に座れます。

リクライニングは最大135°可能です。ロッキングと合わせると最大150°可能です。

この記事で紹介するモデルの中で最も高機能なモデルです。

アームレストは上下、前後、左右、角度の4つの調整が可能な4Dタイプです。よく腕や肩に負担がかかってしまうと言う方におすすめです。

デザインがかなりかっこいいです。

凹凸感ある3D立体裁断による高い縫製縫製技術が高いデザイン性を生み出しています。

ドリフティングのまとめ

DXRacerのゲーミングチェアの中で最も高機能なモデルです。高品質なレザーを使用しており、アームレストは上下、左右、前後、角度が調整できる4Dアームレストです。ここまで肘掛けの位置が調整できるどんな体勢でもジャストの位置に肘掛けを置くことができます。肘を支えることにより、腕の疲れや肩の疲れが軽減できます。

また、デザイン性も好きな方が多いのではないでしょうか。他のモデルと比べて凹凸感があり、レザーを繋いでる感がとてもかっこいいです。

妥協を許さない方におすすめのモデルです。

自分の身長は168センチで個人の座高にもよりますが、一番低くしてもカカトまでつかない状況です。
身体的な問題ですので星5です。フットレストは必須です。
座り心地はフカフカではなく身体にフィットする感覚という方が伝わりやすいかな?
付属のネック枕?とか腰の枕?は固めです。これは使用するしないは個人差が出ると思います。

引用元:Amazon-(DXRacer (ディーエックスレーサー) 【正規品】)

高価なだけ買うのに躊躇してましたが買ってよかったと思ってます。座面が思ってたより固め?反発が強かったが不満かと言われればそうでもないぐらいにです。
1日の半分を座りっぱなしで過ごしてもお尻や腰が痛くなることは無いですね。
分かってはいたが私は短足で座面を一番下にしても足が床に届かないので少し後悔しましたが踏み台を利用ししっかり踵をつけて座ってます。
短足や低身長の方は座面高には少し注意を…悔しいことに座高は高いのでハイバックが丁度よいです…製品説明通りですね。
チルトを1番緩めてるのですがそれでもあまりゆらゆらしてくれなくてシートを少し倒した状態で後ろに体重かけると少しゆらゆら出来るぐらいで割と硬いのかな?初めて高価格のチェア買ったので比較できなくて申し訳無いですが満足感はほんとにあります。1日何時間も座る方は椅子に金かけたほうがいいですよほんと

引用元:Amazon-(DXRacer (ディーエックスレーサー) 【正規品】)

6. ヴァルキリー

細かい刺繍デザイン

Amazonで見てみる

このヴァルキリーというモデルは、次に紹介するキングの一回り小さいモデルです。小さいと言っても座面は広く、高さも結構あります。小柄な方だと足がつかない可能性があるのでしっかりと推奨身長と自分の身長を確かめてから購入しましょう。

製品名 ヴァルキリー
値段 ¥50,336
重量 20.7kg
カラーバリエーション ゴールド、ホワイト、ライトブルー、レッド

座面部にはパーフェレイテッドレザーを採用しています。小さな穴が空いているので通気性がとてもよく蒸れにくくなっています。

かなり高機能です。アームレストは上下、前後、角度の3つの調整ができる3Dアームレストです。

高級感のある立体刺繍デザインになっています。赤部分と黒部分が細かく刺繍されていてとてもかっこいいです。

サイズは、次に紹介するキングの一回り小さいくらいの大きさです。

推奨身長は170cm〜185cmです。

ヴァルキリーのまとめ

まず、デザインがかっこよく、気に入って購入している方が多いです。これだけ細かい模様のゲーミングチェアはそれほどありません。男心をくすぐられるデザインです。

機能面でもかなり高機能で、アームレストは3つの調整が可能です。サイズは結構大きいです。推奨身長が170cm〜なので、170cm未満の方は座面を一番下に下げても足がつかない可能性がありますので気をつけてください。

タイトルの通り、フォーミラ等と比較すると幅が広く、シートに体がぴったりフィットするような物を求めている人には合わないかもしれません。
座り心地、寝心地に関しては文句無しです。シートもかなり後ろまで倒れる様で、最後まで倒した状態で、足をオットマンか何かに置くと速攻で寝れます。ただ、思ってた通りですが、通気性に関しては皆無です。座席はメッシュ加工等してありますが、やっぱり蒸れます。これはしょうがない。
椅子の高さ調節は幅広く、最高まで上げると足が付かないです。デザインに関しては文句無し。かっこいい。
以上、172cm、60kgの細身の体型でのレビューでした。

引用元:Amazon-(DXRacer (ディーエックスレーサー) 【正規品】 ゲーミングチェア)

組み立てはシンプル、半完成で楽だった。思っていたより重くもない。座り心地もしっかりしている。座面は写真の通りベンチシート風で平らではあるが何かホールド感がよく、姿勢も良くなるので確かに疲れにくかった。あとは寿命が長いと嬉しいなー。

引用元:Amazon-(DXRacer (ディーエックスレーサー) 【正規品】 ゲーミングチェア)

7. キング

大柄な方でもすっぽりキングモデル

Amazonで見てみる

DXRacerの最上位モデルのキングシリーズです。名前の通り大きいです。座面が広く、背もたれも大きいので、体が大きい方でもしっかりとサポートします。

またこのモデルはe-sportsの公式試合に採用されることが多いです。プロゲーマーのためのゲーミンチェアです。

製品名 キング
値段 ¥60,900
重量 30.1kg
カラーバリエーション グリーン、ブラック、ブルー、ホワイト、レッド
保証期間 1年間

アームレストは4Dです。前後、高さ、左右幅、角度全て調整できます。

これにより、肘の位置をベストポジションに置くことができるので、肩と腕の疲れを軽減します。

最上級の多機能ゲーミングチェアです。欲しい機能は全て搭載されています。

国内外の主要なe-sportsの公式試合で使用されています。

公式で使われているゲーミングチェアと全く同じゲーミングチェアがAmazonで購入できてしまいます。

このDXRaacerのキングシリーズは、比較的体が大きい人向けに作られています。そのため、体全体を包むようにサポートしてくれるので、とても快適です。

体の小さい方にはあまりおすすめできません。

リクライニングは、最大135°のリクライニングが可能です。AKRacingと比べると少し小さいです。

ロッキングと合わせると135° + 15°で、実質最大150°のリクライニングができるので、ちょっとした仮眠程度ならできます。

内部は弾力性の高い非再生高密度高反発ウレタンフォームを使用しています。厚さは10cmなので、程よく硬すぎず柔らかすぎず、包み込むような快適さがあります。

DXRacer KING(キング)シリーズのまとめ

KING(キング)シリーズは、DXRacerの最上位モデルです。ただ、名前の通り大きい方のために開発されたモデルです。体の大きい方が普通のゲーミングチェアに座るとちょっと狭いと感じてしまうことがありますが、こちらのモデルでは狭さを全く感じず、快適に座ることができます。

ただ、体の小さい方だったり、女性の方だと、少し広すぎたり、座高が高すぎたりで合わない可能性があります。あと部屋が狭いという方も注意が必要です。

去年の11月に購入して今現在9ヵ月間使用してみての感想になります。
まず普通のチェアだとリクライニング機能から戻した時に一気に前の方までくるから怪我し出したりするけどこれは最大でも90度くらいてま止まってくれるから安心して戻せるのがいい。あと質感は高級感あるしゲームする時4Dアームレストの斜め機能がかなり役立った。ヒトデがガッチリしていて安心できる。
デメリットを上げると値段が高い、(ただその分の機能はあり全然後悔していない)
大きすぎるが故に部屋に入れるのが一人では厳しい。(組み立ては説明書が優しいし簡単だった)
最大のデメリットは質が良すぎるが故に学校の木の椅子など他の椅子に座った時に1時間くらいで腰が痛くなることだ。この椅子に座ったら他の椅子には座れなくなりますね笑

引用元:Amazon-(DXRacer (ディーエックスレーサー) 【正規輸入品】)

身長190で肩幅も広くアメフト選手みたいな体です、大きいサイズの椅子を探してたらこの商品にたどり着きました。
自分の身長で椅子の高さを全開に上げると、かかとがギリ付くかぐらいです。
一番下げてちょうどいい感じなので、とにかくガタイがいい人向けです!!

引用元:Amazon-(DXRacer (ディーエックスレーサー) 【正規輸入品】)

Amazonで安く買う方法

Amazonの賢い買い方をご紹介します。 Amazonのギフト券で買うと商品を安く買えます。現金でチャージした金額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

一回のチャージ額 通常会員 プライム会員
5000〜19,999円 0.5% 1.0%
20,000円〜39,999円 1.0% 1.5%
40,000円〜89,999円 1.5% 2.0%
90,000円〜 2.0% 2.5%

Amazonプライム会員の方だったら、使わなきゃ損ですね。 

簡単チャージ!

Amazonチャージしてみる

まとめ

ここまでDXRacerのゲーミングチェアについて紹介してきました。

最後に選び方をまとめると、

まずは、サイズで決めましょう。

  • 身長が165〜175くらいで細身の方なら、フォーミュラがおすすめ。
  • 身長が165〜175くらいで体が大きめの方なら、ドリフティングがおすすめ。
  • 身長が170〜180くらいで細身の方なら、レーシングがおすすめ
  • 身長が170〜180くらいで体が大きめの方なら、ヴァルキリーがおすすめ
  • 身長が180〜の方なら、キングがおすすめ

ただ、フォーミュラ以外は値段が高いですので、よく考えて選びましょう。

DXRacerじゃなくても良いゲーミングチェアもありますので、よかったら以下の記事も見てみてください。