【危険】安い椅子に座ってたら肋骨神経痛になった話

【おすすめ6選】Ergohumanの評判やおすすめのオフィスチェアを紹介〜超高機能で超高級なオフィスチェア!〜

ネコ

この記事では、Ergohumanエルゴヒューマンというメーカーのオフィスチェアについて解説します。また、Ergohumanでおすすめのオフィスチェアを紹介します。

Ergohumanというブランドについて

Ergohumanは、超有名なオフィスチェアブランドです。高級チェアを買うなら、ハーマンミラーかエルゴヒューマンかの2択です。というくらい有名です。以下で紹介するエルゴヒューマン プロなんかはかなり有名で、ちょっとオフィスチェアを知ってる人なら、エルゴヒューマンだ。ってなります。

よくハーマンミラーのアーロンチェアと比較して、エルゴヒューマン プロの方が良いと言っている方が多いです。理由としては、エルゴノミクス(人間工学)に基づいて設計され、色々な細かい調整ができるからです。たくさんの箇所が調整できるので、最初のうちは使いこなせいないかもしれません。そのくらい調整ができます。

今回はそんなエルゴヒューマンのオフィスチェアを6選紹介していきたいと思います。

比較表

商品名
(タイプ)
プロ オットマン内臓型タイプ プロタイプ ベーシックハイタイプ フィットタイプ エンジョイハイタイプ スマートタイプ
画像
値段 ¥132,000 ¥115,500 ¥104,500 ¥104,500 ¥88,000 ¥53,900
特徴 最高級 プロのオットマンなし 前傾チルトなし 女性や小柄な男性向け コスパ最強 最安
アームレスト 4Dアームレスト 4Dアームレスト 4Dアームレスト 2Dアームレスト 4Dアームレスト 4Dアームレスト
(オプション)
座面チルト機能 × × × ×
オットマン × × × × ×
カラバリ オレンジ
グリーン
グレー
ブラック
ブルー
ホワイト
レッド
オレンジ
グリーン
グレー
ブラック
ブルー
ホワイト
レッド
オレンジ
グリーン
グレー
ブラック
ブルー
ホワイト
レッド
オレンジ
グリーン
グレー
ブラック
ブルー
ホワイト
レッド
オレンジ
グリーン
グレー
ブラック
ブルー
ホワイト
レッド
オレンジ
グリーン
グレー
ブラック
ブルー
ホワイト
レッド
リンク 詳しくみる 詳しくみる 詳しくみる 詳しくみる 詳しくみる 詳しくみる

Ergohumanでオススメなオフィスチェア6選

価格の高い順に紹介していきたいと思います。

  1. プロ オットマン内臓型タイプ
  2. プロタイプ
  3. ベーシックハイタイプ
  4. フィットタイプ
  5. エンジョイタイプ
  6. スマートタイプ

1. プロ オットマン内臓型タイプ

最高級

Amazonで見てみる

こちらは、Ergohumanの最高級モデルです。値段はかなり高いですが、座り心地を限界まで極めたオフィスチェアになっています。値段が高くても最高級のオフィスチェアが欲しいという方にはかなりおすすめのオフィスチェアです。

製品名 プロ オットマン内臓型タイプ
値段 ¥132,000
重量 39kg
カラーバリエーション オレンジ、グリーン、グレー、ブラック、ブルー、ホワイト、レッド
保証期間 3年間

ランバーサポーは背もたれと独立しています。これにより、より確実に腰部分を支えられます。

気がついたら猫背になっているという方でもこちらのオフィスチェアに座れば綺麗な姿勢を保ち続けられます。

また、ランバーサポートは、高さと角度の調整が可能なので、どんな体型の方でも快適です。

人間工学に基づいて設計されているので、本当に疲れにくいオフィスチェアを実現しています。

また、全メッシュなので、長時間座っていても蒸れにくく、快適です。

座面の角度を20°ほど前に傾けることができます。

これにより、姿勢良くZoomとかになることが可能です。特にパソコン作業や執筆作業をする方にはかなりおすすめの機能になっています。

リクライニングは、最大128°のリクラインングが可能です。

シンクロロッキングを採用しているので、リクラインング時でもアームレストがしっかりと付いてきます。こちらも快適な理由の一つです。

アームレストは、高さ、角度、前後、左右の調整が可能な4Dアームレストになっています。

肘がサポートされるので、長時間作業でも腕と肩が痛くならないです。

このような組み立てが完成された状態で届きます。

わざわざ組み立てるスペースを作って、一つ一つ説明書を読みながらドライバーを回す必要もありません。

プロ オットマン内臓型タイプのまとめ

こちらのタイプは、Ergohumanの最高級モデルです。座り心地を限界まで追求したタイプになっています。特徴としては機能性です。リクライニング、ロッキング、ランバーサポート、ヘッドレスト、アームレスト、フットレスト、さらに前傾チルド機能まで搭載されている超高機能オフィスチェアになっております。また、全メッシュというのも良い点です。

さらに完成状態で届くので、組み立ては必要ありません。

どんなにお金がかかってもいいから、とにかく良いオフィスチェアが欲しいという方にはぴったりのタイプです。

長時間のデスクワークに最適。
一日14時間程度のデスクワークをしますが、体はとても楽です(肩は凝ります)。
今回で3台目の増設、オットマン付きをと思って買ったのですが、あまり出す機会がない(出すと足が楽ですが、椅子ごとクルッと向きを変える時に、とても邪魔)ので普通のでもよかったかな?とも思います。
腰部分は適度な圧力がかかるので、正しい姿勢(その他の細かい調整機能の含めて)がとりやすいです。
決して安い椅子ではないですが、長期間座り心地も変わらず使用(1台目2台目とも11年目で、まだ現役でへたっておりません)出来るので、お勧めです。

引用元:Amazon-(メーカー組立完成品 エルゴヒューマン プロ オットマン内蔵型)

座り心地が特筆です!何時間でも触れそう。
思ったよりコンパクトでした。
腰のサポートも効いてますし、膝掛けも可動域が広く、キーボード入力のサポートをしてくれます。
買って大正解でした。

引用元:Amazon-(メーカー組立完成品 エルゴヒューマン プロ オットマン内蔵型)

2. プロタイプ

プロのオットマンなし

Amazonで見てみる

こちらは、上記で紹介した、1. プロ オットマン内臓型タイプのオットマンなしタイプです。オットマンがないだけで、16,500円ほど安くなります。

リラックスは、オフィスチェアではせずに、ソファなど別の場所でリラックスするという方には、こちらのモデルの方が良いかと思います。

製品名 プロタイプ
値段 ¥115,500
重量 28kg
カラーバリエーション オレンジ、グリーン、グレー、ブラック、ブルー、ホワイト、レッド
保証期間 3年間

ランバーサポーは背もたれと独立しています。これにより、より確実に腰部分を支えられます。

気がついたら猫背になっているという方でもこちらのオフィスチェアに座れば綺麗な姿勢を保ち続けられます。

また、ランバーサポートは、高さと角度の調整が可能なので、どんな体型の方でも快適です。

人間工学に基づいて設計されているので、本当に疲れにくいオフィスチェアを実現しています。

また、全メッシュなので、長時間座っていても蒸れにくく、快適です。

座面の角度を20°ほど前に傾けることができます。

これにより、姿勢良くZoomとかになることが可能です。特にパソコン作業や執筆作業をする方にはかなりおすすめの機能になっています。

アームレストは、高さ、角度、前後、左右の調整が可能な4Dアームレストになっています。

肘がサポートされるので、長時間作業でも腕と肩が痛くならないです。

このような組み立てが完成された状態で届きます。

わざわざ組み立てるスペースを作って、一つ一つ説明書を読みながらドライバーを回す必要もありません。

プロタイプのまとめ

こちらは上記で紹介した、最高級モデルのオットマンがないタイプです。オットマンがないだけで16,500円ほど安くなるので、オットマンが必要ないという方にはぴったりのタイプです。

オットマンが必要かどうかをしっかりと考えてから購入しましょう。

他の安い椅子と比べると全然良さが違います。
以前、勉強机に使われている普通の椅子を使用していました。長時間座って作業すると腰が痛くなり、少し横になっては作業再開と繰り返していました。
こちらのエルゴヒューマンプロですが、長時間座って作業していても全く腰に負担がかからず、ずっと座って作業していたいくらいにほんとに気持ちが良いです。

【デメリット】
2階以上へ運ぶ時は大人二人でないと持っていけないほどものすごく重い。

引用元:Amazon-(メーカー組立完成品 エルゴヒューマン プロ オフィスチェア)

アーロンチェアと迷ったのですが、個人的にハイバックが良かったのでこちらを購入しました。
これを買う前はゲーミングチェアを使っていたのですが、ギシギシと軋む音であったり、座り心地があまり良くなかったため買い換えました。
座り心地も見た目も気に入っています。
ただ、メッシュ?の生地は半ズボンや薄手のズボンの時に少し痛みというか痒くなってしまうので、もしかしたらクッション?の方が良かったかもしれません。座り心地はややメッシュの方が良かったと感じましたが、個人差があると思います。

引用元:Amazon-(メーカー組立完成品 エルゴヒューマン プロ オフィスチェア)

3. ベーシックハイタイプ

前傾チルトなし

Amazonで見てみる

こちらのタイプは、上記の2. プロタイプから、前傾チルトを省いたタイプになっています。前傾チルトは、体を前のめりにした状態での作業が快適な機能です。ですので、あまり、前のめりになって作業をすることがないという方におすすめなモデルになっております。

さらに、こちらのタイプは完成品ではないため、組み立てする必要があります。

製品名 ベーシックハイタイプ
値段 ¥104,500
重量 34.99kg
カラーバリエーション オレンジ、グリーン、グレー、ブラック、ブルー、ホワイト、レッド
保証期間 5年間

ランバーサポーは背もたれと独立しています。これにより、より確実に腰部分を支えられます。

気がついたら猫背になっているという方でもこちらのオフィスチェアに座れば綺麗な姿勢を保ち続けられます。

また、ランバーサポートは、高さと角度の調整が可能なので、どんな体型の方でも快適です。

人間工学に基づいて設計されているので、本当に疲れにくいオフィスチェアを実現しています。

また、全メッシュなので、長時間座っていても蒸れにくく、快適です。

アームレストは、高さ、角度、前後、左右の調整が可能な4Dアームレストになっています。

肘がサポートされるので、長時間作業でも腕と肩が痛くならないです。

ベーシックハイタイプのまとめ

上記で紹介した2. プロモデルから、前傾チルト機能が省かれ、自分で組み立てなければ無くなりました。それで、11,000円ほど安くなります。前傾姿勢で作業する人と後傾姿勢で作業する人がいますが、後傾姿勢の方なら、このモデルが一番コスパが良いかと思います。

自分が集中しているときに、どのような体制なのかを考えてみてください。背筋を伸ばしている状態だったら後傾姿勢、前のめりで作業しているなら前傾姿勢です。

座り心地などはかなりいいです!!
が、かなり重いです!!宅配される時はかなり大きい箱なので持ち運びがかなり大変です。家の中まで業者に運んでもらうことをお勧めいたします。組み立ては簡単で30分ぐらいで完了しました。ベーシックは前傾姿勢へのアシストはありませんので、机に向かうことが多い人はプロの方がいいかもしれません。私は今までの椅子がオンボロでしたのでかなり満足しています。また、傷などはなく商品の状態は良好でした。

引用元:Amazon-(Ergohuman オフィスチェア ベーシック ハイタイプ)

使用10か月、品質の低下は全く見られません。ヘッドレストは不要かなと思いましたが、ちょっとリラックスする時など、あって良かったです。価格は決して安くはありませんが、長時間のデスクワークで腰が痛くならないので満足です。ただ、ランバーサポートの部分は自分にはせり出しが不十分だったので、5㎝厚のクッションを取り付けて使用しています。これは、自分の腰の特殊性のためと思います。腰椎の変形による腰痛を持っている人間にとっては、これくらいの微調整は自己責任の範疇と思っています。なかなか満足するものが無く、いくつかのイスを購入しましたが、良いものに巡り合えました。背もたれに深く体重を預けても、ギシギシという音もなく、家族が寝静まった深夜でも快適に使用しており、これも良い点の一つです。

引用元:Amazon-(Ergohuman オフィスチェア ベーシック ハイタイプ)

4. フィットタイプ

女性や小柄な男性向け

Amazonで見てみる

こちらのフィットタイプは、機能的には上記で紹介した3. ベーシックタイプとそれほど変わりません。変わった点は、アームレストの調整が高さと角度のみになり、一回りサイズが小さくなり、他の色によっては、座面がメッシュではなくクッションになっています。長時間座っていてもお尻が痛くなりません。

あとこちらは完成品が届きます。

製品名 フィット
値段 ¥104,500
重量 24.5kg
カラーバリエーション グレー、ブラック、ブルー、ホワイト、オレンジ、グリーン、レッド
保証期間 5年間

日本人体型に合わせた設計になっています。

上記のモデルより少し小さめに作られています。160cm以下の方だったらこちらのタイプが合うと思います。

カラーバリエーションによっては、座面がメッシュではなく、クッションになっています。

クッションだと、長時間座っていてもお尻の疲れを軽減してくれます。

ヘッドレストと背もたれが、人の動きに追従するようになっています。

どんな体制でもサポートしてくれるので、快適です。

フィットのまとめ

こちらのタイプの特徴としては、一回り小さいのが特徴です。女性や小柄な男性の方はこちらのタイプが一番快適だと思います。

ただし、上記の3. ベーシックタイプより、アームレストの前後と左右の調整ができなくなっているので、身長が小さいけど肩幅はあるという方だとアームレストのフィット感が良くないので、注意してください。

実際にWORKAHOLICで色々と試座した上で、座りごごち、機能、サイズ感、価格の観点でバランス的に良かったのでこれに決めました。日本人向けに設計されているためか、他のエルゴシリーズより自分はこちらが合っている気がしました。やはりランバーサポートがあると腰を支えてくれるので楽になります。デザイン的にも他のエルゴシリーズに比べてシュッとしていて良いと思います。身長179cmですが問題なく使えてます。ただ、自分の体型だと座面の奥行きがもう少し(あと5~10cmくらい)あると良かった気がしています。また、完成品での納品で設置、片付けまで手際よくやっていただけて楽で助かりました。

引用元:Amazon-(メーカー組立完成品 エルゴヒューマン フィット)

2019年2月に8万弱で購入しました。
1年8か月たった今も、へたれることなるホールド感を保っています。
その後、ニトリで2万程度でかった椅子は半年でへたれてきたので、高いなりの理由があることを痛感しています。

素材がメッシュのブラックなので、メッシュ部に誇りが入ることがありますが、硬く絞った布で拭けばとれるので今のとこと問題視していません。

引用元:Amazon-(メーカー組立完成品 エルゴヒューマン フィット)

5. エンジョイハイタイプ

コスパ最強

Amazonで見てみる

こちらは、コスパが良いタイプです。10万円以下で購入できる高機能オフィスチェアです。上記のタイプと変わった点はランバーサポートが背もたれと一体化してしまった点です。一体化してしまっているので追従されている感が失われてしまいます。

製品名 エンジョイハイタイプ
値段 ¥88,000
重量 30.99kg
カラーバリエーション オレンジ、グリーン、グレー、ブラック、ブルー、ホワイト、レッド
保証期間 3年間

座面前後スライド機能、4方向の調整が可能な4Dアームレスト、高さ調整可能なランバーサポート、高さと角度が調整可能なヘッドレストと、かなり高機能です。

ランバーサポートは、上記のタイプとは違い、背もたれと一体化しているタイプになります。

高さの調整の調整は可能です。

座面はメッシュ素材と、クッション素材の2択で選べます。

蒸れやすいという方はメッシュ、お尻が痛くなりやすいという方はクッションがおすすめです。

エンジョイハイタイプのまとめ

エンジョイタイプは、3. ベーシックタイプと比べて、ランバーサポートの独立がなくなったタイプになります。このタイプが一番コスパが良いタイプになります。

Ergohumanの最大の特徴である、独立したランバーサポートの恩恵を受けられないのは悲しいです。。ただ、他のメーカーのオフィスチェアと比べたら、かなりの高機能で、コスパが良いので、なるべく値段を抑えて高機能なオフィスチェアが欲しいという方にはオススメです。

背中のラインにぴったり合って姿勢を無理なく強制してくれる感じで、ゲーミングチェアのランバーサポートよりもフィットして良い感じです

あと座面が高すぎるという意見が非常に多かったので心配していたのですが、全くの杞憂でした
私は身長160㎝ですが、座面を一番低くすれば余裕で足がぺたりと付きます(もちろん裸足で、深く座った状態でかかとまでちゃんと付き、膝裏は余裕があります。とりわけ足が長いわけでもありません)
言われているほど高身長用ってことは無いと思います

引用元:Amazon-(Ergohuman オフィスチェア エンジョイ ハイタイプ)

2014年に約54000円で購入して、問題なく使えておりました。

5年経過した2019年、ふと、チェアの周りにプラスチックの破片が落ちていることに気づきました。
「この前掃除をしたとき、なにかぶつけたり落としたのかな??」と、周囲を探すと、
この商品のキャスターのタイヤに使われているプラスチックが割れているではないですか!
5つのキャスターのうち、2つのタイヤが同じような割れ方をしていたので経年劣化でしょう。

キャスターだけ交換することができるようで、純正だと5個セット約5000円(Amazonで取扱ってないようです)。
サンワサプライの汎用キャスターでも代用できると検索で出てきたのでそちらも試してみます。

引用元:Amazon-(Ergohuman オフィスチェア エンジョイ ハイタイプ)

6. スマートタイプ

最安

Amazonで見てみる

こちらは、Ergohumanの最安モデルです。ヘッドレストとアームレスト(オプションで付けれる)がないタイプになっています。機能がガクッと落ちる代わりに値段もお手頃価格になっています。

製品名 スマートタイプ
値段 ¥53,900
重量 24.39kg
カラーバリエーション グレー、グリーン、オレンジ、ブラック、ブルー、レッド、ホワイト

ランバーサポーは背もたれと独立しています。これにより、より確実に腰部分を支えられます。

気がついたら猫背になっているという方でもこちらのオフィスチェアに座れば綺麗な姿勢を保ち続けられます。

また、ランバーサポートは、高さと角度の調整が可能なので、どんな体型の方でも快適です。

アームレストはオプションになっています。なので、最初はなしで購入し、後からつけるという買い方も可能です。

このアームレストは高さ、角度、前後、左右の調整が可能な4Dアームレストになっています。

座面は前後にスライドが可能です。体勢によって快適な調整をしましょう。

スマートタイプのまとめ

こちらのスマートタイプは、ヘッドレスト、アームレストがないので、そこまで機能的にはよくありませんが、値段が5万円代とかなりお手頃価格になっています。ただ、せっかくErgohumanを買うなら、こちらのタイプではなく上記のタイプの方が良いかと思います。

このくらいの機能なら、3万円以下でも購入できるので以下の記事を見てみてください。

【2021年版】3万円台で買えるおすすめのオフィスチェア10選〜あなたの欲しいオフィスチェアを見つけよう〜

流石に座り心地は最高です。
良い買い物ができました。
ランバーサポート位置も調整出来ますし、大抵の方の身体にフィットするかと思います。
ただ、座面の最低地が思ったより高いため、女性だと足が浮いてしまう可能性もあるかと思いました。
175cmの自分でも最低位置にしてピッタリですので。
あと、組み立ては簡単ですが、背もたれと座面を接続するネジが硬すぎて、なかなか最後まで回しきれません。(なんとかなんとか完了しましたが)
女性にはまず無理かと思いました。
組み立てには男性サポートは必須かと。
座面高や、組み立て等、よく検討してご判断を。
椅子は素晴らしいです。

引用元:Amazon-(オフィスチェア Ergohuman エルゴヒューマンスマート)

在宅勤務メインになり、これまでの椅子では終日業務をするのが辛くなり入替。
座面が広く、メッシュ生地で快適に座れる。 また、エルゴヒューマンの売りでもある独立式のランバーサポートで位置合わせが容易かつ適度に腰を支えてくれるため、終日作業をしていても腰の違和感が出なくなった。
仕様としては肘置きやヘッドレストもほしかったのだが、リビングで作業をしていることもあってあまり椅子の存在感が出すぎるのは嫌だったため、敢えて肘置きとヘッドレストのないモデルを探し、かつ重くない色調のものを選択したが、非常に満足している。
なお、この椅子は最低にしてもやや座面が高く、使用しているPCデスクではキーボードテーブルと高さが合わなかったため、別メーカーの固定脚に変更し高さを下げてちょうど良くなった。

引用元:Amazon-(オフィスチェア Ergohuman エルゴヒューマンスマート)

追加アイテム

別売りで、以下のようなアイテムもあります。

背もたれにハンガーをつけることができます。いちいちジャケットを取りに行かなくて良いです。

リクライニングした状態で本を読んだり、資料を確認したりできます。

Amazonで安く買う方法

Amazonの賢い買い方をご紹介します。 Amazonのギフト券で買うと商品を安く買えます。現金でチャージした金額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

一回のチャージ額 通常会員 プライム会員
5000〜19,999円 0.5% 1.0%
20,000円〜39,999円 1.0% 1.5%
40,000円〜89,999円 1.5% 2.0%
90,000円〜 2.0% 2.5%

Amazonプライム会員の方だったら、使わなきゃ損ですね。 

簡単チャージ!

Amazonチャージしてみる

まとめ

結局どれがおすすめ?

やっぱり、プロ オットマン内臓型タイプか、プロタイプがオススメですね。

やはり、エルゴヒューマンといえばプロですから、プロが一番オススメです。

女性や小柄な男性なら、フィットタイプでも良いかもしれません。

エルゴヒューマンくらい高級なブランドで、ハーマンミラーというブランドがありますので、そちらの記事も見てみてください。

【最高峰チェア4選】ハーマンミラーの高級オフィスチェア4選!〜セイルチェア・アーロンチェア〜

他のゲーミングチェアの記事も書いていますので、そちらもご覧ください。
【2021年版】おすすめのゲーミングチェア17選〜安いモデルから高級なモデルまで価格別に紹介〜

オフィスチェアでもいいならこちら
【2021年版】3万円台で買えるおすすめのオフィスチェア10選〜あなたの欲しいオフィスチェアを見つけよう〜

他の座椅子を見てみたいならこちら
【2021年版】おすすめのゲーミング座椅子10選紹介!〜1万円以下のものから、高級な商品まで徹底解説〜